【本宮に移住もいいかも。ローカル情報発信Lab. in和歌山、紀南第二回目開催】



和歌山を愛する住民の皆さんと行う、地域の魅力発掘・発信講座のイベント『ローカル情報発信Lab. in和歌山』


先日11/8(日)の紀南開催では、熊野本宮でまち歩きをして取材体験を行いました。

現地では14名、オンラインでは4名の方が参加。



今回の取材は、熊野本宮大社の九鬼宮司さん、くまのこ食堂の森岡雅勝さん、熊野本宮語り部ガイドの会の梅崎奈美江さん、にご協力をいただきました。



くまのこ食堂の森岡さんは、自身が大阪からの移住者で、成り行きで熊野来られたそう。 「熊野で何かをしたい方がいたら、くまのこ食堂で一緒に働いて、その先に何かを見つけるプラットホームになれば嬉しい。」 と、語ってくれました。


「熊野暮らしいいかも!」と思った参加者さんもいるはず。 移住してからここまでのエピソードなど、楽しいお話をたくさん聞かせていただきました。



最新記事

すべて表示

【奥州市ローカル魅力発掘発信ワークショップ】第一回目開催の取材記事が岩手日日新聞(2/8付)に掲載されました。

【奥州市ローカル魅力発掘発信ワークショップ】第一回目開催の取材記事が岩手日日新聞(2/8付)に掲載されました。 今回のワークショップは奥州市が主催し、株式会社JTBふるさと開発事業部が共催しました。奥州市の魅力を、住民自らが発掘・発信し、より多くの人に伝えることで、関係人口の創出を目指しております。 今回掲載された記事には、地元の住民や高校生たちが参加し、運営を担う弊社イーストタイムズ代表中野が講