コンセプトは「その土地をふるさとと想う人をつくる」大仙市ローカル魅力発掘発信ワークショップ第二回目開催



株式会社JTBとふるさと開発事業部とイーストタイムズが、全国各地に「その土地をふるさとと想う人をつくる」をコンセプトに立ち上げたワークショップ。

2020/10/31(土)は秋田県大仙市で行いました。


今回はオフライン11名、オンライン3名が参加。 1回目は完全オンライン開催のため、今回皆さんは初顔あわせですが和やかな雰囲気。



参加者さんの1人が、同じ地域に4人の俳人がいたことを突き止めたそう。その俳人のうちの1人の子孫にインタビューをし、当時の暮らしぶりや道のいわれをハツレポ執筆。


「『俳人だらけのストリート』は絶対ガイドブックにも載ってない情報で地域の独自性が分かり、地元の人にしか出来ない取材だ!」 と、会場も盛り上がりました。


最新記事

すべて表示

【奥州市ローカル魅力発掘発信ワークショップ】第一回目開催の取材記事が岩手日日新聞(2/8付)に掲載されました。

【奥州市ローカル魅力発掘発信ワークショップ】第一回目開催の取材記事が岩手日日新聞(2/8付)に掲載されました。 今回のワークショップは奥州市が主催し、株式会社JTBふるさと開発事業部が共催しました。奥州市の魅力を、住民自らが発掘・発信し、より多くの人に伝えることで、関係人口の創出を目指しております。 今回掲載された記事には、地元の住民や高校生たちが参加し、運営を担う弊社イーストタイムズ代表中野が講