地元の人しか知らない隠れた魅力を掘り起こす!秋田市ローカル魅力発掘発信ワークショップ第一回目開催




株式会社JTBとふるさと開発事業部とイーストタイムズが、全国各地に「その土地をふるさとと想う人をつくる」をコンセプトに立ち上げたワークショップ。


11/1(日)は秋田県秋田市で開催しました。


今回はオフライン18名、オンライン5名の方が参加。



ワークショップの中で、参加者さんがご自分の携帯電話の中の写真から「見出し」を付ける実践を行いました。

仙北市の農家民泊のご夫婦を取り上げ、ご夫婦が世話好きなことから「温かいおせっかい、第二のふるさと」という見出しを付けた参加者さんも。

見出しからも温かい地域の住民の方の雰囲気が伝わり、会場もとてもほっこりとしました。


最新記事

すべて表示

【奥州市ローカル魅力発掘発信ワークショップ】第一回目開催の取材記事が岩手日日新聞(2/8付)に掲載されました。

【奥州市ローカル魅力発掘発信ワークショップ】第一回目開催の取材記事が岩手日日新聞(2/8付)に掲載されました。 今回のワークショップは奥州市が主催し、株式会社JTBふるさと開発事業部が共催しました。奥州市の魅力を、住民自らが発掘・発信し、より多くの人に伝えることで、関係人口の創出を目指しております。 今回掲載された記事には、地元の住民や高校生たちが参加し、運営を担う弊社イーストタイムズ代表中野が講