東日本大震災10年となる3月11日、『ローカリティ!』×『ともしびプロジェクト』震災特別番組をネット配信「#私の10年」のメッセージをSNSで募集。ろうそくを灯し被災地に思いを届ける



東日本大震災10年の3月11日、合同会社イーストタイムズ運営のニュースWEBサイト『ローカリティ!』は、被災地応援の有志グループ『ともしびプロジェクト』との共同企画で震災特別番組をネット配信します。

番組では地震発生時刻の14時46分に合わせてろうそくを灯し、黙祷。株式会社ツクルバの中村真広さん、曹洞宗僧侶の藤田一照氏さん、NY平和ファウンデーション会長の中垣顕実さんをゲストに迎えて震災を振り返ります。番組に先立ち、『ローカリティ!』で「#私の10年」等のハッシュタグメッセージを募集・掲載し、メッセージの一部を番組内で紹介します。

同プロジェクトは2011年11月から毎月11日に合わせて宮城でろうそくを灯す取り組みを続けていて、全国から集まったろうそくを灯す動画や写真をSNSで共有し、被災地に届けてきました。一方、仙台で創業したイーストタイムズは「遠くの記者ではなく、そこに住む人々が地元の魅力を発掘発信する」という震災後の新しいジャーナリズム像を掲げ、WEBサイトを運営してきました。

今回の企画が少しでも皆さまの心の癒しとなり、気持ちが前へ進むきっかけとなることを願っています。



■主催者メッセージ


・合同会社イーストタイムズ代表社員CEO 中野宏一

朝日新聞東京本社で校閲記者を3年務める。この間、東日本大震災の被災地で震災報道にも携わった。その後、独立して合同会社イーストタイムズを起業。地域の魅力を発掘発信するワークショップや市民記者によるニュースサイトを立ち上げる。


「そこに生きる人々を伝える」ということをテーマに、イーストタイムズは震災後、報道や情報発信の活動を行ってきました。私が取材の中で感じたことは、それぞれが「生きる」ということについて向き合い、答えを探してきた10年だったのではないか、ということです。今回のプロジェクトで一人一人が向き合った「生きる」を紡いでいきたいと思います。


・ともしびプロジェクト代表 杉浦恵一

高校3年生の時に交通事故に巻き込まれて九死に一生を得た経験から全国をヒッチハイクで回る旅に出た。その最中に東日本大震災が発生。旅で縁あった被災地の宮城県気仙沼市に移住し、支援活動を始める。「ともしびプロジェクト」に合わせてキャンドル工房を立ち上げたほか、架空の寺「他力本願寺」を運営する。


2011年3月11日、私の人生においても忘れられない日となりました。私も改めてこの10年を振り返り、次の10年を見据えるための時間にしようと思っています。同じ時を生かされた者として、一緒に灯しましょう。そこに灯される何かがあるはずです。



① 3月11日(木)当日の番組スケジュール


・第1部 14:00〜15:00

「全国から、灯そう」(presented by ともしびプロジェクト)


上記の時間、宮城県気仙沼市から、ろうそくを灯す様子をzoomで生中継します。地震発生時刻の14時46分には一緒に黙祷を行います。ぜひこの時間、一緒に火を灯し、被災地に祈りと希望の光を届けましょう。


【配信日時】2021年3月11日(木)14:00〜15:00


詳しくは以下のイベントページ:

https://www.facebook.com/events/718316485495799/?ti=ls



・第2部 20:30〜22:30

震災特別番組「私のこの10年。どう生きたか」(presented by ローカリティ!)


『ローカリティ!』が主催して、イーストタイムズ代表の中野宏一と気仙沼を拠点とする『ともしびプロジェクト』の杉浦恵一が、全国からお呼びするゲストと特別番組を全国にネット配信します。

番組では震災からの10年を振り返り、希望ある未来について考えるトークセッションを行うことで、「被災地から全国に」思いを届けます。

こちらの番組内でも、亡くなった方々や被災地に祈りを捧げるため、ろうそくの火を灯します。番組をご視聴いただいている全国各地の皆さまも、ぜひ、お手持ちのろうそくを灯してください。私たちと一緒に「全国から被災地に」思いを届けましょう。



ゲスト:株式会社ツクルバ代表取締役ファウンダー 中村真広さん

    (プロフィール:https://tsukuruba.com/company/executives/


曹洞宗僧侶  藤田一照さん

    (プロフィール:http://fujitaissho.info


    NY平和ファウンデーション会長 中垣顕実さん

    (プロフィール:http://heiwafoundation.org



【配信日時】2021年3月11日(木)20:30〜22:30


【プログラム】

https://www.facebook.com/events/352151179171832


【配信用URL】後日、上記のfacebookやローカリティ!サイトにて発表


※ろうそくを灯す際は、自己責任のもとで延焼やけがに注意し、煙などで周りの人に迷惑をかけないよう行ってください。



② 『ローカリティ!』とSNSで、#ハッシュタグメッセージを募集・掲載


「あなたは今、どこで何をしていますか」。震災からの10年を振り返るメッセージと写真を、全国や被災地から募集します。

テーマや文量、写真の枚数、それに、被災地出身もしくは被災地に住んでいたかどうかなどは問いません。全国のあらゆる皆さまが対象です。

震災当日のこと、その後の人生の歩み、新しい仕事について、家族との思い出、被災地に対する思いのほか、震災10年から先の未来への希望・願いなど、どんなことでも気軽にお寄せください。

募集したメッセージと写真は「#私の10年」などのハッシュタグを付けてSNSにご投稿いただくか、イーストタイムズが運営するニュースWEBサイト『ローカリティ!』にメールでお送りいただければ、随時掲載していきます。


【募集期間】2月11日(木)〜3月11日(木)まで


【投稿方法】

1)Twitter、facebook、instagramなどのSNSに、以下のハッシュタグ(#)を付けて投稿 してください。投稿いただいたメッセージと写真は、『ローカリティ!』でも紹介する場 合がありますので、ご了承ください。


 #私の10年

 #ローカリティ


2)ローカリティ!(https://thelocality.net)のサイトから「CONTACT」にアクセスし、お  問い合わせの種類を「ともしびプロジェクト」に設定して送信ください。



「あなたは今、どこで、何をしていますか」

 「今のあなたは、10年前のあなたに、どんなメッセージを送りたいですか」 



■ともしびプロジェクトとは


「ともしびプロジェクト」は、「被災地に希望の光を灯し続けよう」を合言葉に、毎月11日にキャンドルの明かりを灯し、東北から日本を、世界をつなぐアートイベントプロジェクトです。これまでにプロジェクトのホームページやfacebookの専用サイトで、キャンドルに火を灯す様子の写真とコメントを募集し、投稿してきました。取り組みを通じて、多くの人が東北だけでなく、「あなたのいるそれぞれの場所」で、震災で亡くなった人への鎮魂と東北の復興を願うことを後押しします。


・プロジェクトHP

http://tomoshibi311.com/


・facebookページ

https://www.facebook.com/tomoshibi311


最新記事

すべて表示

【奥州市ローカル魅力発掘発信ワークショップ】第一回目開催の取材記事が岩手日日新聞(2/8付)に掲載されました。

【奥州市ローカル魅力発掘発信ワークショップ】第一回目開催の取材記事が岩手日日新聞(2/8付)に掲載されました。 今回のワークショップは奥州市が主催し、株式会社JTBふるさと開発事業部が共催しました。奥州市の魅力を、住民自らが発掘・発信し、より多くの人に伝えることで、関係人口の創出を目指しております。 今回掲載された記事には、地元の住民や高校生たちが参加し、運営を担う弊社イーストタイムズ代表中野が講