top of page

住民こそ知る隠れた地域の魅力の発掘が価値になる! 記者の手法を学び、持続可能な発信力を手に入れる「丹波篠山市ローカル魅力発掘発信ワークショップ」開催



詳細はこちら:https://furu-po.com/spage.php?nm=project_tambasasayama01


兵庫県丹波篠山市と合同会社イーストタイムズは、株式会社JTBとともに、市内在住または市内在勤・在学の方を対象に、「丹波篠山市ローカル魅力発掘発信ワークショップ」を、2023年2月18日(土)と3月18日(土)に開催します。

丹波篠山市は、江戸時代に篠山城の城下町として栄え、歴史情緒溢れる町です。日本遺産にも登録される民謡「デカンショ節」は、ふるさとの景色・特産・人情などを彷彿とさせる歌詞そのもので、地元民の地域への愛着を歴史を超えて大切に歌い伝えてきました。

近年では移住者も増加する中、住民の方々が地域にもっと愛着を抱けるよう、まちづくりを進めています。

本ワークショップは、地元住民に記者の手法を伝授し、その土地の魅力を発掘し発信することで、地域内外で“丹波篠山市ファン”を増やし、関係人口の拡大を目指します。

この取り組みは、JTBと協力して行う「ローカル魅力発掘発信プロジェクト」の一環として実施され、地域レポーターがふるさと納税返礼品を含む地域の魅力の発掘・発信を継続的に行う仕組みを地元に作ることで、ふるさと納税を切り口とした地域活性化に寄与します。


■ローカル情報発信のプロから直接学ぶ「丹波篠山市ローカル魅力発掘発信ワークショップ」開催


 兵庫県丹波篠山市と合同会社イーストタイムズは、株式会社JTBと、地元住民に記者の手法を伝授し、その土地の魅力を発掘発信する「丹波篠山市ローカル魅力発掘発信ワークショップ」を開催します。本ワークショップは、第1回を2023年2月18日(土)に、第2回を3月18日(土)にそれぞれ開催します。


 ローカル情報発信の専門家である合同会社イーストタイムズ代表の中野宏一が講師を務め、参加者はプロから直接ローカルの魅力の発掘・発信方法を学びます。参加対象は、地元高校生からシニアまで全ての市民はもちろん、丹波篠山市を”ふるさと”だと想う人であれば地域外からもオンラインでご参加いただけます。



■ 地元住民にも愛される地域を目指して!丹波篠山市の魅力を住民主体で掘り起こす


丹波篠山市は兵庫県の中東部に位置し、京都や大阪とも隣接するアクセスの良い場所です。

江戸時代には、徳川家康が築いた篠山城の城下町として栄え、現在でも重要伝統的建造物群保存地区として全国的に評価される歴史情緒溢れる街並みが魅力的な町です。

日本遺産にも登録される民謡「デカンショ節」は、ふるさとの景色・特産・人情などを彷彿とさせる歌詞そのもので、地元民の地域への愛着を歴史を超えて大切に歌い伝えてきました。


近年、移住者は増えてきているものの、若者を中心に進学や就職で地元を離れるなど人口減少が進んでいます。市は、地域内外の人々にとってもっと愛着のわく地域づくりを目指すため、地元の魅力の発掘と継続的な発信をする仕組みづくりが模索されています。


本ワークショップは、丹波篠山市が抱えるこのような課題感に対して、地元の魅力を地域住民とともに、地域内外の人へ向けて発掘・発信する人材を育成することで、関係人口の創出・拡大につなげます。また、ワークショップ終了後は、全国にいる「地元好き」が集うメディア「ローカリティ!」と連携し、地元住民視点でふるさと納税返礼品の魅力を継続的に発信する仕組みを取り入れることで、ふるさと納税寄附拡大を目指しながら、産業振興や移住定住促進にもつなげていきます。



■地元の魅力を再発見し、地域の魅力を継続的に発信する住民記者誕生へ


過去開催のワークショップの様子

本ワークショップは、全2回で構成されます。第1回は、地域の魅力を再発見し、全国の人に伝える手法を学びます。第1回から第2回の間に、参加者は街を歩いて地域の魅力を発掘します。第2回のワークショップでは、発掘してきた魅力を元に「魅力発掘発信レポート」、略して「ハツレポ」を作ります。


 地域の魅力が詰まった「ハツレポ」は、プロの手による校閲・編集を経て、JTB「ふるぽ」内の特設ページに掲載。一部の産品は、ふるさと納税の返礼品としての登録も目指します。あわせて参加者は、「ローカリティ!」のレポーターとなり、継続的に丹波篠山市の魅力の発掘発信を続けていきます。



■「丹波篠山市ローカル魅力発掘発信ワークショップ」概要


【開催日時】

第1回:2023年2月18日(土) 13:30〜16:30(開場13:00)

第2回:2023年3月18日(土) 13:30〜16:30(開場13:00)


【会場】

丹波篠山市民センター 2F 催事場1,2


【募集定員】

先着30名(会場・オンライン合計)

※市外在住の方のご参加や、オンラインでのご参加も可能です


【応募期間】

2022年12月20日(火)~2023年2月15日(水)


【申込サイト】

https://furu-po.com/spage.php?nm=project_tambasasayama01


【参加費】

無料


【実施内容】

STEP.1 学ぶ 第1回ワークショップ:2月18日(土)

「ローカルの魅力」とは何か 地域の魅力の発掘発信方法を学びます


STEP.2 発掘 

街を歩いて地元の「魅力」を発掘し、「ハツレポ」の準備をします


STEP.3 発信 第2回ワークショップ:3月18日(土)

発掘してきた「魅力」をもとに「ハツレポ」を作ります


STEP.4 ふるさと納税へ

第2回以後:住民が継続的に「ハツレポ」を作成し、一部はふるさと納税サイト「ふるぽ」に掲載して返礼品のPRに貢献するとともに、ワークショップ参加後も返礼品を通して継続的に地域の魅力を発信します


※ワークショップは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、対策を講じて開催します。

※新型コロナウイルスなどの状況により、参加方法(会場またはオンライン)や実施内容変更の場合もあります。

Comentarios


bottom of page