『紀南アートウィーク』×『ローカリティ!』オンライントークイベント開催



『現場の実践から見る「グローバリティ」と「ローカリティ」近づく2つの世界』

インターネットやソーシャルメディアが発達し、世界はより密接に関わるようになりました。

世界が一つになる「グローバル化」とは、世界が一つの価値観のもとに集約されていくことなのでしょうか。

「グローバル・スタンダード」の名のもとに、ローカルの価値は消滅してしまうのでしょうか。


このトークイベントでは、ローカルの現場で実践してきた二人が、それぞれの経験と立場から、21世紀における「グローバリティ」と「ローカリティ」の価値を問い直し、むしろ、「ローカリティ」こそがグローバルにおいて価値を持つ時代となったということをお話しします。


日時:12月15日(水)19:00 〜20:30

参加費:無料

参加方法:下記 Peatix にてお申し込み


<イベント登壇者>

紀南アートウィーク 総合プロデューサー 藪本 雄登

合同会社イーストタイムズ​代表社員CEO / ローカリティ!発行人兼編集主幹 中野 宏一


参加チケットの申し込みはこちらから↓

https://kinan-locality-talk.peatix.com/